Posts Tagged ‘デザインナンバー’

フルカラーのデザインナンバーを公職の方でも選択可能に(4/1)

2019-04-06

平成31年4月1日より、公職にある方(衆議院議員、参議院議員、地方議会議員、地方公共団体の首長)が図柄入りナンバープレートを取得する際に、寄付を行わなくてもフルカラー版を選択できるように、国土交通省は関係告示を改正しました。
図柄入りナンバープレートは以下の種類が交付されており、1000円以上の寄付を行うとフルカラー版を選択できます。
・ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート(平成29年4月以降)
・東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(平成29年10月以降)
・地方版図柄入りナンバープレート(平成30年10月以降)
公職にある方がフルカラー版を取得する為に寄付した場合、公職選挙法(昭和25年法律第100号)に抵触する恐れがあるとの指摘がありました。
そこで公職にある方が、広く地域振興や国民的イベントであるラグビーワールドカップやオリンピック・パラリンピックの成功に向けた取組を今後も推進できるように、関係告示を改正し、公職にある方は寄付を行わなくてもフルカラー版を選択できるようになりました。
なお、改正前に公職にある方が寄付を行っていた場合は、申し出により、寄付金管理団体より返還されることになっています。

詳細(図柄入りナンバー取得に係る寄附に関する取扱の変更について)
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000091.html

ナンバー返却サービス

2017-06-22

ナンバーの記念保存ができるようになりました。

今年の4月から交付が始まった、ラグビーワールドカップの図柄入りのナンバープレートですが、記念保存ができるのを知っていましたか?

関東地方では、 使い終わったラグビーナンバーを返却する際に、ナンバーセンターへ記念保存したい旨を申し出ると、直径4cmの不正使用防止用の穴を開けて返却してくれます。しかも無料です。

 開けてくれる穴の位置ですが、デザインを損ねないように左上の封印を付けるネジ穴の部分に開けてくれます。イメージはネジ穴が大きくなる感じです。

そしてネジ穴が大きくなる事によって、自動車にそのナンバーを付けられなくなり、

不正使用できないという仕組みです。

 

少しもったいないですが裏技的に、記念保存用に一度ラクビーナンバーに番号交換し、すぐに普通のナンバーに戻す事によって新品のラクビーナンバーを手に入れる事もできますよ。

 

 ラグビーナンバー以外も保存できます

実はラグビーナンバー以外の普通のナンバープレートも返却してもらえます。

 ただし、普通のナンバーはラクビーナンバーと違って、ナンバーセンターでは穴開けサービスをやってくれませんので、自分で不正防止の穴を開ける必要があります。(関東地方の取扱)

事前に穴を開けて持っていくか、現地で工具を借りて開けるかなど対応が必要ですので注意してください。開ける穴は4cm以上なら、場所は特に指定されていません。

 

Copyright(c) 2018 行政書士法人山口事務所 All Rights Reserved.