OSS

OSSの対象範囲が更に拡大 2018年12月

2018-12-03

本日、12月3日からOSSの対象エリアがさらに拡大されました。

自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)長崎県

    (36都道府県)
  • 継続検査

    全国すべての地域

    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)長崎県

    (35都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)長崎県

    (35都道府県)
  • 永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)長崎県

    (35都道府県)

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

更にOSSの申請可能地域が拡大しました。

 

35都道府県で中間を含むOSSの申請が可能になりました。
東京の山口事務所が申請したものを、地方の行政書士の先生が封印をおこなう制度の下準備ができました。

日行連からの通達も出たのでそれぞれの行政書士会で仕組みづくりを行っています。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

11月1日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

 

 

 

群馬県

× ×

 

OSSの対象範囲が更に拡大 2018年11月

2018-11-13

平成30年11月1日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されます。

平成30年11月1日(木)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。平成30年11月1日(木)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

    (35都道府県)
  • 継続検査

    全国すべての地域

    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)岡山県

    (34都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)岡山県

    (34都道府県)
  • 永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)岡山県

    (34都道府県)

 

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

更にOSSの申請可能地域が拡大しました。

 

34都道府県で中間を含むOSSの申請が可能になりました。
東京の山口事務所が申請したものを、地方の行政書士の先生が連携を封印をおこなう制度の下準備ができました。早ければ今年中に対応が可能になるかもしれません。

今週中(11月中旬)には新たな動きがある見通しです。

新しい情報が入り次第、お伝えしたいと思います。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

11月1日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

※岡山県は中間が可能に

 

 

 

群馬県

× ×

 

2018年10月1日 OSSの対象範囲が更に拡大

2018-10-01

平成30年10月1日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されます。

平成30年10月1日(月)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。平成30年10月1日(月)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)富山県

    (35都道府県)
  • 継続検査

    全国すべての地域

    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)富山県・島根県

    (33都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)富山県・島根県

    (33都道府県)
  • 永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)富山県・島根県

    (33都道府県)

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

更にOSSの申請可能地域が拡大しました。

 

33都道府県で中間を含むOSSの申請が可能になりました。
東京の山口事務所が申請したものを、地方の行政書士の先生が連携を封印をおこなう制度の下準備ができました。早ければ今年中に対応が可能になるかもしれません。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

10月1日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

※富山県追加
※島根県は中間が可能に

 

 

 

群馬県・岡山県

× ×

 

平成30年7月2日にOSSの対象エリアが拡大されます。

2018-06-18

平成30年7月2日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されます。

平成30年7月2日(月)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行います。平成30年7月2日(月)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)熊本県

    (34都道府県)
  • 継続検査

    全国すべての地域

    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)茨城県・熊本県

    (31都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)茨城県・熊本県

    (31都道府県)
  • 永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

    北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)茨城県・熊本県

    (31都道府県)

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

更にOSSの申請可能地域が拡大しました。

 

31都道府県で中間を含むOSSの申請が可能になりました。
現在は熊本の自動車のOSS申請を東京の事務所がやって、封印を熊本の先生が行うことは、
原則として認められていないので、その部分が課題になっています。

範囲がどんどん拡大されているので、今後のOSSの運用の効率化に期待しています。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

7月2日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

※熊本県追加
※茨城県は中間が可能に

 

 

 

群馬県・島根県・岡山県

× ×

 

よくある質問 中間OSS

2018-06-05

中間OSSに関するよくある質問をまとめました。
(2018年6月1日現在)

Q-1 中間OSSで移転登録(名義変更)するときの注意点は何かありますか?

A-1

・全国対応しておりません。

対応地域:北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

(2018年7月2日 追加 茨城県・熊本県)

・申請できないものがあります。

対象外のもの:相続、贈与、合併、分割、判決、ダブル移転、共同所有(新・旧)、減免申請、構造変更を伴うもの

・車庫のステッカーを警察署に取りに行く必要があります。

使用の本拠に変更がない場合と車庫不要地域の場合は車庫証明の申請をスキップできるので不要です。なお、東京都では本部での一括交付は一部の例外を除き実質的にできません。

Q-2 中間OSSの移転登録は、Bタイプの自動車検査証でも申請できますか?

A-2

申請できます。
申請データ入力の際に、登録識別情報が必要な場合があるので注意して下さい。

Q-3 移転OSSで譲渡証を電子で飛ばすことは出来ますか?

A-3

現状(2018年6月1日現在)ではOSSのシステム上は電子譲渡に対応していますが、アイラックでは導入の予定もないので実質電子で飛ばすことは出来ません。

Q-4 中間OSSの移転登録は、親権者の同意書があれば、未成年でも申請できますか?

A-4

未成年者が新所有者となる登録の場合は申請できません。
未成年者が旧所有者の場合は、印鑑証明を取得できる場合に限り申請できます。通常15歳以上から印鑑証明書を取得することができます。

OSSでは住民票での代用はできません。

 

平成30年5月14日にOSSの対象エリアが拡大されました。

2018-05-23

平成30年5月14日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されました。

平成30年5月14日(月)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。平成30年5月14日(月)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録

    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)青森県・宮崎県

    (33都道府県)
  • 継続検査

    全国すべての地域

    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)青森県・宮崎県

    (29都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)青森県・宮崎県

    (29都道府県)
  • 永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)青森県・宮崎県

    (29都道府県)

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

更にOSSの申請可能地域が拡大しました。

 

29都道府県で中間を含むOSSの申請が可能になりました。OSSができる方が当たり前になってきましたね。

出張封印や、車庫ステッカー受け取りに課題はありますが、OSSの拡大と運用の効率化に期待しています。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

5月14日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県

※青森県、宮崎県追加

 

 

 

茨城県・群馬県・島根県・岡山県

× ×

 

OSSと印鑑証明書等の有効期限

2018-04-24

自動車登録において、印鑑証明書の有効期限は、発行後3ヶ月です。

基本的には、3ヶ月後の同じ日付までとなります。詳しくはこちらを御覧ください。

下取りのケースで、車庫証明の申請を忘れていて、印鑑証明書の期限が後1日になってしまったら、紙の申請では当然印鑑証明書の再取得が必要となります。
場合によっては、やむなく移転抹消することもあるかもしれません。

さて、そんなケースを救済する裏技があります。

【自動車登録で印鑑証明書が切れそうなときの裏技】

電子申請と書面申請では、印鑑証明書の提出のタイミング異なります。

紙申請の場合

  1. 車庫証明の申請
  2. 車庫証明の受け取り
  3. 登録申請(印鑑証明提出) 税申告

電子申請(OSS)の場合

  1. 申請データ送信
  2. 受付審査(印鑑証明提出)
  3. 車庫審査
  4. 車庫審査完了
  5. 登録審査
  6. 税審査
  7. 車検証(車庫ステッカー)受け取り

紙申請の場合は、車庫証明の審査が完了してから印鑑証明の提出となります。
通常は中2日程度かかりますから、印鑑証明が明日までであれば、その時点でアウトです。

電子申請の場合は、申請データ送信の当日に受付審査をすること可能です。印鑑証明書の期限は、2の受付審査を基準とするので、
5の登録審査時に印鑑証明書が切れていても、登録をすることが可能です。

「印鑑証明が今日までだけど、車庫とってない。」そんなケースで電子申請(OSS)が活躍します。

※残念ながら全てのケース、すべての地域でOSSができるわけではないので、
興味のある方はお問い合わせください。

 

OSSの対象エリアと対象手続が拡大されました。

2018-04-11

平成30年4月2日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されました。

  • 平成30年4月2日(月)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。平成30年4月2日(月)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

    • 新車新規登録

      北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
      (追加)福井県・滋賀県

      (31都道府県)
    • 継続検査

      全国すべての地域

      (47都道府県)
    • 中古車新規登録、移転登録、変更登録

      北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
      (追加)千葉県・福井県・滋賀県

      (27都道府県)
    • 一時抹消登録、永久抹消登録(還付なし)、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録(還付なし)、変更一時抹消登録

      北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
      (追加)千葉県・滋賀県

      (27都道府県)
    • (追加)永久抹消登録(還付あり)、移転永久抹消登録(還付あり)

      北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県

 

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

半分以上の地域で新規、中間、抹消が申請可能になりました。

今回の拡大で、27都道府県が、すべてのOSSが申請可能になりました。半数以上の地域で中間を含むOSS申請ができるようになりました。

また、重量税の還付申請にも対応できるようになりました。永久抹消をあえてOSSでやる意味は今の所あまりありませんが、実績をこなすためにも行政書士としてしっかり対応していきたいと思います。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

3月5日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更

抹消関係
(4月2日から還付も可能)

北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県

※福井、滋賀追加

※千葉、滋賀、福井追加

※千葉、滋賀追加

茨城県・群馬県・島根県・岡山県

× ×

 

2018年4月1日より登録手数料が一部変更されました。

2018-04-02

平成30年4月1日より、登録手数料が一部変更されます。

4月1日は、日曜日ですが、OSSの場合、土日も申請が可能ですので、
4月1日から手数料が変更になっています。

当事務所ではお客様にご依頼していただいたOSS申請は、3月30日ご依頼いただいたものも、30日に申請しないで、
4月2日に申請していますのでご安心ください。(納期は変わりません。)

変更内容 新規登録 継続検査

新規登録は、OSSは1500円、紙申請は2100円となります。
OSSならば300円安くなり、逆に紙申請は300円高くなります。

山口事務所ではOSS申請を行っていますので、是非ご活用ください。

継続検査については、200円差が出ますが、保安基準適合証のみ電子化すれば、
引き続き1100円で申請することも可能です。

保安基準適合証のみ電子化された継続検査の申請も代行実績がありますのでご相談ください。

引用元:国土交通省(「道路運送車両法関係手数料令の一部を改正する政令」を閣議決定)

OSSの対象地域が拡大 平成30年3月5日

2018-03-05

平成30年3月5日に自動車関係のワンストップサービスの対象エリアが更に拡大されました。

平成30年3月5日(月)より、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の対象地域/手続の拡大を行いました。平成30年3月5日(月)より、申請を行える地域/手続は以下のとおりです。

  • 新車新規登録
    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・島根県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)千葉県・大分県
    (29都道府県)
  • 継続検査
    全国すべての地域
    (47都道府県)
  • 中古車新規登録、移転登録、変更登録
    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・鹿児島県・沖縄県
    (追加)大分県
    (23都道府県)
  • 一時抹消登録、永久抹消登録、移転一時抹消登録、移転永久抹消登録、変更一時抹消登録
    北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・沖縄県
    (25都道府県)

 

引用元:自動車登録関係のワンストップサービス

 

ほぼ半分の地域で新規、中間、抹消が申請可能になりました。

今回の拡大で、23都道府県が、すべてのOSSが申請可能になりました。ほぼ半数の地域で中間を含むOSS申請ができるようになりした。

電子申請には問題も多数ありますが、行政書士がしっかり対応していれば必ず制度は改善できると思います。

山口事務所ではOSSで連携できる事務所を募集しています。

3月5日時点のまとめ

  新車新規 中古新規・移転・変更 抹消関係

 大分県
3月5日新車新規、中古新規等追加

千葉県
3月5日追加

× ×
北海道・岩手県・宮城県・秋田県・福島県・栃木県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・和歌山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・鹿児島県・沖縄県

奈良県

×

茨城県・群馬県・島根県・岡山県

× ×

福井県

× ×
« Older Entries
Copyright(c) 2018 行政書士法人山口事務所 All Rights Reserved.